はじめに


当流開祖 高山政吉翁
当流開祖 高山政吉翁

高山流の系譜

 当流は高山政吉先生(明治32年生、1899-1972)が創始され、日本史上において最後に野戦に用いられた白兵抜刀術です。


 高山先生の直弟子である、海軍軍人であった

 小山 勇 先生

(1916年(大正5年)- 1987年(昭和62年)没)

 千原義夫 先生

(1912年(大正元年) - 1988年(昭和63年)没海軍下士官、舞鶴海軍工廠剣道教官

の両先生は昭和20年の終戦後も当流の普及と後世への伝承に勤められました。


 当代である松原正勝先生は、生前の高山先生から当流の事務局を任せられていた小山先生と、同先生と並ぶ高弟であった千原先生に永年師事して修行され、当流の相伝を受けました。

 

 両先生が御逝去され、衣鉢を託された当代松原先生は岐阜県中津川市において当流の普及に勤められており、高山先生が戦前より道場名とされていた「拱辰舘」(きょうしんかん)を継承され後進の指導をされておられます。


 現在、遠く他府県からも当代より入門を認められた弟子達が「拱辰舘」に帰山して松原先生に教えを受けて当流の修行に励んでいます。




海軍高山流白兵抜刀術

公式ホームページ

事公ー1

拱辰舘
拱辰舘